老化を防止する食べ物には何があるか、食事はどのようにしたらよいのか悩むことがあります。
老化は必ず誰でも訪れるものですが、できるだけ遅らせたいものです。
体を健康な状態にすることで、精神面でも穏やかになるので、食べ物や生活習慣に気を配ることが大切ですね。
老化を防止する食べ物には、いわし、さば、ブリといった青魚、トマトなど色の濃い野菜、大豆製品、ごま、とうがらし、わさびなどがあります。

濃い色の野菜は体をさびにくくする抗酸化物質が多く含まれているので、意識して食べると良いですね。
赤い色の野菜ではトマト、スイカ、とうがらしが、黄色い食べ物には、みかんやレモンといった柑橘系の果物、ニンジン、かぼちゃが、緑色の野菜には、ピーマン、ブロッコリー、パセリ、ほうれん草などがあります。

特に、とうがらしやわさび、ショウガといった香辛料は殺菌力も強く、脂肪も燃焼しやすくなります。
食事の仕方としては、野菜をまず食べてから、たんぱく質、炭水化物と進むのが基本です。
人間は空腹を感じると甘いものが食べたくなりますが、まず食事の前に白湯や豆乳を飲み、野菜を食べると血糖値が急に上がることはなくなります。

老化を防止するには、血糖値を上げないことが大切であるので、食べる順番に気を配ってみましょう。

1rouka

老化を防止する野菜ってあるの?

老化を防止するには、運動を行ったり、野菜を多く摂ったりすることがとても大切です。
ストレスによっても老化は進んでいくので、日ごろの生活を見直すことも大切になりますね。
具体的に老化の防止は、抗酸化作用のあるものを食べる、栄養素を意識する、血糖値のコントロールをする、性に関するホルモンを補う、ということを行っていきます。

そのためには野菜や果物を多く摂ることが必要で、野菜だけでなく良質なたんぱく質、脂肪分も一緒に補っていきます。
防止する野菜には、にんじん、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、パプリカ、きゃべつ、ねぎ、ニラ、アボカド、きくらげなどがあります。
青汁に良く含まれているケールにも防止する効果があります。
ねぎやニラには動脈硬化や心臓病、加齢によるシミに効果があり、きくらげは食物繊維と植物性のタンパク質が豊富なためホルモンの働きを活発にし、肌を健やかにします。

また、ブロッコリーやキャベツといったアブラナ科の野菜には、抗酸化物質が豊富に含まれているので、老化防止だけでなく、免疫力を高め病気にかかりにくくしてくれます。

トマトやナスといった色の濃いものには、抗酸化作用が強いものが多いです。
様々な食材を取り入れると老化を食い止めることができます。

2rouka

老化防止が期待できるビタミンってあるの?

老化防止が期待できるビタミンの種類は何かついては、以下の通りです。
まずはビタミンCとEです。
このふたつの特徴としては、強い抗酸化力を持っていると言う点が挙げられます。
抗酸化力とは、活性酸素に対抗する力のことで、人間の体にも備わっている機能です。
ただし年齢やストレスなどにより、この力は少しずつ衰えていくので、それをカバーすることが求められます。
紫外線を浴びること、激しい運動などにより発生する活性酸素は、とても強い酸化力を持っていることから、数が増え過ぎると細胞や血管に錆を発生させます。

この錆により老化が引き起こされるとも言われているので、このふたつを摂取することは、老化防止にとても良い効果が期待できます。

ビタミンCはビタミンAと同時に摂取することで、より高い抗酸化力を得ることが期待できるとも言われてます。
それからビタミンB群です。
これは、細胞分裂を活性化させる作用があると言われています。
細胞分裂が活性化されれば、それだけ古いものが新しいものに生まれ変わることが期待できます。
そしてこのことは老化の防止にも効果的なことです。
これは群なので、全部で8つの種類がありますが、いずれの種類もまんべんなく摂取することが望ましいです。

3rouka

運動は効果が期待できるの?

老化防止に運動は効果が期待できるかどうかについては次の通りです。
結論から言うと、老化防止には良い効果が期待できます。
その理由としては、まずは血行が促進されるためと言う理由が挙げられます。
血行が促進されると、体の隅々にまで栄養や酸素が行き届きやすくなり、それにより細胞が活性化されることが期待できます。

細胞が活性化されれば、それだけ体の機能もじゅうぶんに発揮されやすくなるので老化に対する防止効果が期待できると言うことです。

これは体は勿論のこと、脳の老化防止にも効果が期待できることです。
また運動をすることで筋肉の維持にも効果が期待できます。
筋肉は体を支える、動かすためには必要不可欠な存在です。
よってその筋肉が維持されれば、見た目的にも若々しさを保つことが期待できます。
他にも様々な理由があるのですが、気を付けたいのは運動であればどんな内容のものでも良いと言うわけではないと言うことです。

たとえば息切れするような、強度が極端に高い運動には、活性酸素を大量に発生させる影響が懸念されます。
活性酸素が大量に発生すると、細胞や血管が錆びついてしまって、却って老化現象が早まってしまう可能性もあります。
ですから防止効果を期待するのであれば、強度の高くない、有酸素運動が推奨されます。

4rouka

脳の老化防止にはゲームは有効なの?

脳の老化防止には、ゲームが有効だと言われています。
なぜでしょうか?それは、ゲームをすると、楽しんで頭を使うことが、脳の活性化に役立つからです。

どんなことも楽しみながら取り組まなければ、効果が得られません。
特に年齢を重ねると、やる気や意欲が低下し、それと共に脳が老化していくと考えられます。
テレビゲームやパズル、またトランプやカルタなどを、楽しみながらすることで、張り合いや生き甲斐も生まれ、もっと上達したいと努力をしたり、人と接し会話をする機会が増えることもあります。

漢字の読み書きや、計算などを使った紙のゲームも良いですね。
ゲームによって伸びていく能力として、集中力、記憶力、注意を向ける能力や、複数のことを同時に行う能力などがあります。

やはり脳は使うことで活性化し、様々な能力が磨かれ、そのことが老化防止に有効といえます。
また常に新しい刺激に触れることで、生き甲斐を見いだすことができますね。
年齢を重ねると心や身体が衰え、生きることの意味や楽しみを失い、このことで更に心身を弱くし、元気をなくしていくことがあります。

楽しみを見つけて、積極的に何かに熱中することは、老化防止はもちろん、人生を豊かに幸せにすることにもつながっていきます。

5rouka

こんなサイトを掲載

老化防止に関することを色々な方向から見ていきました。
さて、老化防止効果が期待できるものとして、レスベラトロールというポリフェノールが話題に上ることがあります。
レスベラトロールにまつわる商品も増えていたりしますので、レスベラトロールが気になる方はこちらをチェックです。